読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがなにもない

プライベートな日記です

プラネタリウムで

奥さんに外せない用事があり、朝から不在にしていたので、娘とどこかに遊びに行こうとプラネタリウムに出かけた。

 

娘が起きたときにもう奥さんはいなかったので、「ママ探しに行く!」と泣きながら玄関まで走っていった。

テレビをつけたらテレビの楽しそうな声に釣られてリビングまで戻ってきてくれたので、Eテレの力は偉大。

 

プラネタリウムに行くのは二回目で、どちらも僕と娘の二人だけで出かけた。初めて行った後は、しばらくの間「昨日パパとお星様みたの」と言っていた。補足すると、二歳の娘は今日ではない過去のことは、全て昨日と言ってしまう。

 

それから数ヶ月経って二回目である今回、星や月をときに指差しながらじーっと観察していた。していたようだった。僕は暗くて静かになると自然と寝てしまうので、最初の頃しか覚えていない。たまに「ちゃんと見てよ~」と叩き起こされた。

プラネタリウムを見たあとは、小高い丘の上にあるアスレチックまで登っていき、そこで1時間半くらいすべり台を滑っていた。ハマるとずっと同じことをする傾向がある。この前は2時間くらいずっと砂場で穴を掘っていた。すべり台のほうが動きがあるので、見ているこちらもまだ飽きない。多少は。

 

いろんなものを見せてあげたくて、動物園や水族館などに連れて行くようになった。なかでもプラネタリウムというのはまた違った特別感がある。自分がプラネタリウムに初めて行ったのは、多分小学生の遠足ではなかったか。天地明察の主人公、渋川春海の物語とともに星を見た記憶がある。なんとなくキレイだった記憶と、特別な場所に出かけた記憶はある。

 

もし死ぬときに思い出すとしたら、プラネタリウムの椅子に座り、これから何が始まるのかと興味深そうな目をして待つ娘の姿だ。初めてのものを見る目はとてもきれい。

おすすめの電動ミルと、新鮮な珈琲豆が買えるお店を紹介してみる

コーヒーが好きだとか言いながら、粉に挽いてもらった珈琲豆を購入していた。本当のコーヒー好きなら、飲むその時に豆から挽くべきと言われる。それなのに粉で購入していたその理由は、一度手動のミルを購入してはみたものの、どうしても美味しく挽くことができなかったからだ。その上、ミルの掃除も面倒だし、少量しか挽くことができない。

 

ある日ふと電動ミルを買ってみようと思い、色々調べた結果ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660JPを購入した。

なぜラッセルホブスのコーヒーグラインダーを選んだかといえば、しっかりと刃がついているので均一にカットできる(電動ミルによってはカットするのではなくぶつけて砕くので均一にならない)、10秒位で挽くことができる、取り外して洗うことができる、そして見た目だ。それもあって他の電動ミルより少し高めではあったが、結果的にかなり満足している。ちなみに見た目は奥さんの外せないこだわりだった。

結論、買ってすごく満足している。これを買ったおかげで、朝に挽いて淹れたばかりのコーヒーを持って出かけることができるようになった。ステンレスマグに数杯分淹れておけば、いつでも新鮮で熱いコーヒーを飲んでリラックスできる。

 

そのうち、だんだん珈琲豆にもこだわるようになってきた。外に出る機会があれば、近くに自家焙煎の喫茶店、珈琲豆販売店がないかを探して買って帰るようになった。わかってきたのが、焙煎したばかりの新鮮な珈琲豆は美味しいということだ。何より、コーヒーを淹れた時の様子がぜんぜん違う。

 

実際に珈琲豆を挽いている様子

 

では新鮮な珈琲豆だとどう違うのか?

ラッセルホブスのミルで挽いて細かくした状態がこれ。


f:id:mtakano:20161011202111j:image


珈琲は、まず最初に少量のお湯を淹れて30秒ほど蒸らすことが大事だ。

これまでは、蒸らすことの必要性がわかっていなかった。気分によってはドバドバとお湯を入れて作ってさえいた。しかし新鮮な豆を使うと、蒸らしの状態がぜんぜん違う。お湯を入れると、みるみるうちに膨らんでくる。膨らみすぎて泡がてっぺんから破裂する。珈琲豆が生きているかのようだ。



f:id:mtakano:20161011090052j:image

新鮮な珈琲が必ず美味しいというわけではなく、熟成させたほうが美味しいという人もいるが、僕のような気楽に淹れるくらいの素人だと、新鮮な珈琲豆の方が大抵美味いのだ。

 

新鮮な珈琲豆を買える店もちゃんと探さなければいけない。そして新鮮なだけでなく、しっかりとハンドピック、焙煎の過程で割れてしまった豆を丁寧に一つ一つ取り除いて販売してくれるようなお店の豆でないと、美味しいコーヒーを飲むことはできない。

ありがたいことに、通販でも美味しい豆は買える。

 

通販で美味しい珈琲豆を購入できるお店

 

一店舗目は、「ウタウコーヒーオドルきんぎょ」という店。ここの珈琲豆は、頼んでから焙煎してくれる様子で、届くのに少し時間がかかる。でも僕が頼んだときは、「今焙煎したところです」といった丁寧な過程のメールが届き、わくわくしながら待つことができた。その時のオリジンがそうだったからかもしれないが、とても優しい自然な味がした。

二店舗目は土居珈琲。コーヒーが好きな人の間では有名な店。サイトを見てみると、コーヒーにこだわり抜いた店主の顔写真が出てきて、コーヒーへの強いこだわりを感じる。3種くらいの豆を頼んだが、どれも外さなかった。ただ少しお高めではある。

三店舗目は、一番好きな焙煎工房豆太。ここの珈琲豆は、蒸らしのときの盛り上がり方がすごい。そしてとても澄んだ味がする。本来の相場価格よりも安く販売しているのでは?というくらい美味しい。 

自家焙煎コーヒー豆販売 〜豆太オンライン〜

 

もちろん、珈琲豆によって全然味が違う。酸味が強い豆、苦味が強い豆、香りが強い豆、フルーティな豆やそれらのバランスが取れた豆。自分の好みとの相性があるとはいえ、それでも豆の新鮮さは淹れてみればわかる。 

ちなみに、電動ミルだけではなくコーヒードリップポットやハンドドリップ、さらには泡立てたカフェラテが飲みたい場合はクリーマーまで揃える必要がある。

それでもカフェで頻繁にコーヒーをテイクアウトするのに比べれば断然安上がりだし、何より段違いに美味しい。某チェーン店のコーヒーをもう美味しいとは思えなくなってしまった。

ちなみに一番あると便利なのは、すぐにお湯が出てくるウォーターサーバーだ。お湯を沸かす手間と面倒さがなくなるし、お湯の分量を間違えて沸かしすぎることもない。ウォーターサーバー、すぐに粉ミルクが作られるので赤ちゃんがいると欠かせないし、味噌汁やポトフといったスープ料理の味が劇的に変わる。まあこれは別の話。

 

こうやって、朝に新鮮な珈琲を挽いて、その香りを嗅いで、珈琲が生きているかのように膨らんでいく様子を見ていると気分が落ち着いてくる。朝食の用意は僕の仕事で、娘のご飯を作ったりと慌ただしいながらも、それでも心を落ち着かせてくれる。朝に一日の楽しみができるのはいい。 

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

2016年6月までの面白かった本10冊

ずっとこの半年間で読んで面白かった本を10冊選んでブログに書いている。結構溜まってきた。

今年読んで面白かった本10冊 - はてなの広告営業 mtakanoの日記(2010年)

 

忘れられた巨人

楽しみにしていたカズオ・イシグロの新刊。いつものカズオイシグロに比べると、世界観やストーリーテリングが多く、文章や情景描写の美しさに没頭するようなところは少なかった気がする。やはりファンタジー形式の作品だからそうなったのだろう。


だが、この寓話によって気づかされるのは、現実の我々の世界の残酷さ、どうにもならなさだった。主人公がたどり着いた対立の構図は、絶望的だ。カズオ・イシグロは世間的にも重要な作家になったので、彼が表現をすることは、すなわち世の中への責任を引き受けるということになってしまったのかもしれない。

その上でさらにその先にある最後のシーン。悲しいけれど、この圧倒的な美しさはカズオイシグロ随一だった。


このシーンの切なさがずっと心に引っかかっている。これを読んでいて思い浮かべた情景は、もう忘れることができないだろう。

忘れられた巨人

忘れられた巨人

 

 

 

機龍警察 暗黒市場

昨年からこの機龍警察シリーズに嵌ってしまっていた。最初の作品の冒頭はわかりづらく読みづらいしパトレイバーのようだな、と思っていたけれど、読み進むごとにどんどん面白くなる。

ただのSF犯罪小説ではなく、コンゲーム的な要素であったり、警察内の政治的駆け引きであったり、知的なバトルが多いのがこの作品の特徴だと思う。

そしてドラマがある。熱くてクールでハードボイルド。

この機龍警察サーガは、複数人の主人公がいて、うち3人の超人的な能力を持つ傭兵が特に重要人物だ。その中の一人、元ロシアの警察官だったユーリが今作の主人公。一見感情が無さそうな3人の傭兵の中でも、実は浪花節的な姿を垣間見せていた人物だ。だから彼の強さだけでなく、みっともないくらいの弱さが書かれていて、そしてそれを克服する姿も書かれている。とてもエモーショナルだった。 

 

機龍警察 暗黒市場

機龍警察 暗黒市場

 

 

機龍警察 未亡旅団

そして機龍警察サーガは、続編になるごとに凄みを増していく。

今作では「取り調べ」という章での、ドラマチックで汗握る心理戦のやり取りがすごい。どうやったらこんな作品が書けるんだろう。そしてチェチェンの深い闇と悲しさをしっかり描いたことに凄みがある。スケールが大きい。

今作の敵は、チェチェン紛争で親愛なる人々を失った女性のみで構成されたテロリスト集団だ。中には少女も多くいる。テロリストとはいえ、彼女たちにも曲げられないものがある。機龍警察の中でも、最も救われない絶望的な話だ。

しかし、最後の最後に救われた気分になった。泣いた。圧倒的な物語だった。今のところシリーズ最高傑作ではないか。

 

機龍警察 未亡旅団

機龍警察 未亡旅団

 

 

シャオミ 爆買いを生む戦略

ユーザーを大事にする会社の戦略は、これまでたくさん語られてきた。しかしシャオミの戦略はシャオミにしか取れない。それでも、筋の通った徹底的な施策は、やはり成功を収めるし、人の心を動かし続けていくのだと思った。

また、中国のマーケットの広さが改めてすごい。ソーシャルメディアを使うと効果があるというのは、中国くらいの規模感が無いと生きてこないのではないか。まああれだけの多様な人々に、好意的な支持を受ける施策をうったシャオミが本当にすごいのだろう。

中国の文化のわずかな違いも含めて楽しめる。爆買いというタイトルは余計。

 

 

お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる

簡単に読めるが、示唆が多い。前半は脳科学の話で正直少しつまらないが、事例とともにモンテッソーリを教えてくれるパートになると俄然面白い。子育ての状況が目に浮かぶ。

早速この本の考え方を真似て、娘が集中していることをできるだけ邪魔せず、娘が何を欲しているかに集中し、娘に自律してもらうための行動を手本として集中させてみた。そしたら歯磨きとうがいが楽しく簡単に一緒にできるようになった。何かに集中しているときは、大人があきらめるしかない。そうしてあげると、すっきりと次の行動に向かってくれるので、娘の納得がいくだろうし、結果的には全てがスピーディに進むんだと実感している。

 

 

学びとは何か――〈探究人〉になるために

まさしく学びとは何かの本だ。子どもを見ていると、すごい速度で世界を学んでいくものだと思う。もし自分がどこか全く知らない言葉ばかりの外国にふとやってきたとして、子どものように楽しく恐れず、すごいスピードでコミュニケーションができるようになっていくだろうか?子どもは単語をそれ単体で覚えるのではなく、システムの中で相互に関連付けながら体得していくのだ。

子どもが小さいうちに読んだことで、ああ今この子はこうやって世の中を学んでいるのか、ということを自分が実感しながらこの本で書かれていることを体感できた。新しい目で世の中を見て、誤ったスキーマも見直していかなければならない。

知的能力の大部分は遺伝によって決まるという、納得できる説も読んで暗い気持ちにもなったが、こういった本を読むと、それでも探求していく、学んでいく姿勢の素晴らしさを知ることができる。

学びとは何か?〈探究人〉になるために (岩波新書)

学びとは何か?〈探究人〉になるために (岩波新書)

 

 

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

マーケティング関連の本は、かなり概念や学術的内容が多くなってしまう。もしくは筆者の実務的な経験が中心に語られてしまう。しかし、この本はマーケティングを学術的に勉強された筆者が、実務ベースにマーケティング事例を語っている。

ものすごく腑に落ちる。努力家だし、すごい人だと思う。読んでいて劣等感にさいなまれるレベルだった。

 

ストーナー

とても良かった。日本語訳が発売されたのは 2014年9月だから今から1年半前だ。そもそも本書か出たのは1965年。確かに今では出せない小説かもしれない。

物語はある大学教授が 生まれて死ぬまで本当になんでもない、ただの一生を描いている。 特にひねりもないし不思議な出来事も起きない。このような唯人の一生を描くだけの、いわゆる文学作品はもうなかなか書かれることはない。一言で紹介するようなフックもないし、売れ筋ではないのだ。

しかしここで書かれた何でもない人生、生き方、その文章と世界観はとても美しい。 ストーナーの遅れてきた青春、仲間たちとの交流、文学に目覚める瞬間、やがて夫となる女性に出会う瞬間、子供への愛情、家庭の不和、不倫、死、全てリアリティーだ。なんでもないのに深く心が揺さぶられる。

この本の9割は東江一紀が訳したという。ドンウィンズロウの「犬の力」や、別名で「文明崩壊」を訳した、とても偉大な方の最後の翻訳作業となったらしい。
ポールオースターや村上春樹が好きな人もきっとこの本は好きになるだろう。オースターや春樹のように不思議な出来事が起きないけれども、この本の文体を読んでいる時の、心が静かにゆっくりとしていく感覚がとても似ていた。
ストーナー

ストーナー

 

 

失われた夜の歴史

電気ができる前、人は夜をどのようにして過ごしていたのか。一日の半分が暗闇に包まれていた時代。現在ではもう想像も及ばない時代。

その時代、夜にまぎれて行われた暴力、夜の中ではぐぐまれた友人たちや男女同士の営み、悪魔的存在、権力から解き放たれた闇であり権力が取り締まろうとした世界、眠りの世界はどんな様子だったのかが、あらゆる文献を元に語られる。

人は真っ暗な夜の中を、手探りで、記憶を頼りに宴会や恋人の元へ出かけていったらしい。昔も人間は変わらなかった。ただ驚いたのは、昔は第一の眠り、第二の眠りがあり前のようにあったということだ。その間に仕事をしたり、瞑想したりしていたようだ。

昔はこうだった、というが、過去にあった人の眠りの世界は失われ、電気の光とともに人の生活様式は大きく変わったのだ。 

失われた夜の歴史

失われた夜の歴史

 

 

 

「全世界史」講義 教養に効く!人類5000年史

この本があれば、もっと世界史に臨場感と物語性をもって学べたのかもしれない。歴史を振り返ることは人間を知ることだとよくわかる。

学校で教わってきた世界史は、四大文明オスマン・トルコ帝国こそ出てくるものの、どこかヨーロッパ中心だった。しかし、昔はアラブとヨーロッパが中心、というか一時期のヨーロッパはアラブ世界に比べれば遥かに野蛮な世界だったことがわかる。

でもそのようなアラブ世界も、地形、宗教、技術の発展、いくつかのたまたまな要因によって逆転してしまうのだ。

 

 

恐怖!!新大阪駅で靴下に沿ってボールペンでグルグル書いて欲しいと言われる!

新大阪駅にて。まだ肌寒い今年の3月。出張先から東京に帰ろうと、新幹線の構内に入った。新大阪駅の待合室は大抵混み合っているが、奇跡的に席が一つ空いていた。座ってしばらくすると、隣の男性が話しかけてきた。不明瞭な喋り方だった。

聞き取りづらかったのだが、よくよく聞くと「靴下がずり落ちてしまうので、ボールペンで靴下がある位置にグルっと線を書いてもらえませんか?」と仰っているようだ(意訳)。


つまりくちゴムに沿って。ボールペンでぐるぐる線を書いて欲しいということのようだ。意味がわからないし、その上聞き取りづらいから何回も聞き直した。「本当にいいんですか?」と聞くと、「いい」と言う。「汚れるからやめたほうがいいですよ」と言うと「書いて下さい」と言う。「ボールペン持ってないです」と言うと、かばんに入っていたボールペンを手渡された。

しょうがないからグルーッと一回り書き、これ実は聞き間違いで怒られたりしないかな、と思って彼を見たところ「もっと濃くお願いします」と言われた。まあまあ正解だった。ふくらはぎのあたりをボールペンで強めにグルグルと書いた。「これでいいですか?」と聞かれると、「もっと」と言われたのでさらにグルグル書いた。

 

そのうちに、「メッセージを書いて下さい。あなたが今思ったことを」と言われた。宗教の勧誘か?ふくらはぎに「元気で頑張って」と書いた。自分にそう思ってた。

彼は「元気で頑張って」と読み上げて微笑んだ。この時までは、外国の人が日本に来た記念に、日本語で文字を書いて欲しいのかなと好意的に解釈をしていた。違った。読める。「もっと書いて下さい」と言われたので、膝に「OK」と書いておいた。満足そうな顔をされていた。つるっとした膝だった。元気で頑張りたい。

その後このようなやり取りをした。

「あなたは靴下がずり落ちても気にしませんか?」
(僕)「気にしません」
「今(あなたの靴下は)どのあたりにありますか?」
(僕)「足首のあたりです」
「見せてもらえませんか?」
(僕)「(自分のパンツの裾をあげて)こんな感じです」
「あなたも書きますか?」
(僕)「結構です」

 

そんでこれ、周りの人からどう見られてるんだろうなーと顔を上げてみたら、すべての人々が急に見なかったふりをしていた。

ちなみに僕がボールペンを書いている間、彼はずっとスマホをいじっていた。失礼である。スマホをこっそりのぞいたところ、ものすごくゴテゴテとして金色のスマホケースで、角が生えていた。画面は、よくわからない英語のような言語の羅列が並んだメッセージアプリ風が表示されていた。

 

もう新幹線きたんでーと言って、早めにホームに向かって、少し寒いけど15分くらい立って新幹線を待った。待っている間、混乱する頭でこれらのやり取りを社内のチャットツールに書き込んだところ、「こわい」という声が多数寄せられて、「ああオレの感覚は正常だったんだな」とホッとした。東京に帰ってお土産の551の肉まんを食べた。現実に戻った。実話。おわかりいただけただろうか。

青春の三冊

はてなブログにて小学館さんのキャンペーンで、青春の一冊を紹介するお題が始まりました。というわけで3冊紹介します。

 

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine

 

ブランキー・ジェット・シティ「ワイルド・ウインター」

大学時代、ブランキー・ジェット・シティミッシェル・ガン・エレファントの全盛期だった。

このワイルド・ウインターはブランキーのファンクラブ会報をまとめた本。けれども音楽的にブランキーを解剖した本ではなく、ひたすらメンバーの日常を追ったもので、メンバーの普段のインタビューで構成されている。

レコーディングでロンドンに行ってもロンドンのスタジオの話なんかせずにパラグライダーに乗った話なんかをしている。ブランキーのメンバーは発言も行動も破天荒なので、エピソードがとにかく笑えて面白い。ナンパに失敗した話とか、変なサングラス買った話とか。

何人かの友達に「電車の中で読んではいけない」と行って貸したけど、みんな電車の中で読んで吹き出して後悔した、と言っていた。

タイトルがかっこいいけど、とにかくどうしようもなくて笑える本。友達の評判から、ブランキーを知らなくても面白いらしい。 そんな笑えるブランキーはありのままの姿でかっこよかった。

 

ワイルド・ウインター―ブランキー・ジェット・シティインタビュー集 (双葉文庫)

ワイルド・ウインター―ブランキー・ジェット・シティインタビュー集 (双葉文庫)

 

 

  

宮沢賢治詩集

土田世紀編集王というマンガに、宮沢賢治の「告別」という詩を抜粋したシーンがあり、それがあまりにも美しくて、それから宮沢賢治の詩を読むようになった。

この詩集というよりも、「告別」という詩があまりにも好きすぎて、ことあるごとに読んでいた。孤独に努力する人は孤高であると励ます詩で、自分もこうならなければと思っていた。寂しいときによく読み返していた。

告別

詩というものは読めば読むほど、自分の中に染みこんでいく気がする。読み返すとその頃を思い出す。

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

 

 

 

中原中也詩集

自分にとって宮沢賢治はストイックでブッダのようなハードコアで、中原中也はパンクロックやグランジみたいなイメージだった。 中原中也はとにかく汚れて青臭い。青臭くて刺々しくて、極めて純粋。自分に子供が産まれた今になって、また一層中也が我が子と死別した後の達観した詩を思い出すようになった。

 

中原中也詩集 (1981年) (岩波文庫)

中原中也詩集 (1981年) (岩波文庫)

 

 

 

ものすごく中二病なことに、宮沢賢治中原中也が好きだったので、彼らが生まれ育った岩手県山口県に一人旅したこともある。でもそうすることで、ああこういう寒々しい風景からあのような物語や詩が出来たんだな、と実感するものもあった。

 

ブランキーのくだらないエピソードから、賢治や中也の詩まで、全てが自分の青春時代と切り離せない。それらの言葉を思い出せば、10数年前の自分が地続きで隣にいる気持ちになる。

娘が2歳になった

娘が2歳になった。


誕生日の前日が休日だったので、家族3人でホットケーキを作った。奥さんが材料を準備してホットケーキを焼き、僕がフルーツを切って洗い物をした。娘は椅子の上に立って奥さんと一緒にボールの中の粉をかき混ぜたり、ホットケーキの種をフライパンに流し込んだりした。そういえば、これは家族3人による初めての共同作業だったかもしれない。


隣で「しろくまちゃんのほっとけーき」という絵本を読み上げて、今この作業をしているんだよ、と教えながら作った。ニコニコと楽しそうに、そして全ての作業を興味深そうに観察しながら、大人たちのお手伝いをしていた。包丁も泡立て器もフライパンも初めて触った。そうして出来上がったホットケーキを見てどう思ったのだろう。


1歳になった時は、ようやくここまで来たか、という達成感のようなものを感じたし、娘が大きくなっていくことを数字として実感できた。
1歳になるまでの間には、今日は寝返りができるようになった、今日はハイハイができるようになった、つかまり立ちができるようになった、1人で立てるようになった、そのような娘が突然に大きな成長をしていく様を見ながら、ついに1歳という記念日を迎えていた。


それに比べると、2歳の誕生日には正直1歳の時ほどの達成感、節目感のようなものはない。
なぜかといえば、1歳になるまでのような「今日急にこれができるようになった!」という変化ではなく、少しずつ成長していく様を見ていた一年間だったからだ。


いつの間にか走れるようになっていたし、ジャンプができるようになったし、会話のようなものが成立するようになり、歌も歌えるし、歯磨きやうがいも手洗いも、ズボンを履いたりもできるようになった。当然料理も少し手伝えるようになった。ある日突然何かができるようになったのではなく、少しずつ歩く速度を速めていって、いつの間にか走れるようになっていったのだ。泣いてばかりいた娘は、笑っている時間の方が多くなった。


こうして振り返ると、まだ2歳ながらにして子供と過ごせる期間というのはごくわずかなものだと思う。あっという間に2年間が過ぎた。親になったことに戸惑い、1人の命を預かる重圧を感じながら、右往左往している間に時間が経っていた。何もかもが分からなかったし、全てが新鮮だった。濃密な2年間で、人生で最も幸せな2年間だった。すでにして過ぎた2年間が愛おしい。これからもそうであってほしい。


世の中はクソみたいなものだとずっと思ってたし、今でもまだそう思っている。これからもこんなくだらない世の中にできうる限り迎合なんかしたくねえぞと思ってる。だからこそ、これから娘が生きていく人生のために、少しでもマシなものに、美しいものに出会えるように、自分の手の届く範囲で世の中を変えたいと思えるようになった。自分の細胞が入れ替わった感じがしている。