読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがなにもない

プライベートな日記です

野菜のソムリエがいる下北沢の隠れ家レストラン

数年前に下北沢に住んでいた。引越し当日かその翌日くらいに、引越しを手伝ってくれた女性、それは今の奥さんなのだけれど、彼女へのお礼をご馳走するために尋ねたレストランがある。

今思い返せば、この店を尋ねたことがきっかけで、しっかりと手をかけて作られた料理への意識が生まれた気がする。


引越しの片付けも落ち着き、ネットで色々調べていると、野菜のソムリエがいる店がという文字が目に入り、これは奥さんも喜びそうな店だと予約の電話をした。

今思えば、いざ土日の当日に電話をして入れたのは奇跡に近い。もしかしたらオープンしてからそれほど間も無く、この店もまだあまり知られていなかったのかもしれない。


その店は下北沢北口のひっそりとした路地裏にあり、レンガ調の階段を上った二階にある。ドアを開けると10名も入ればいっぱいになるこじんまりとした屋根裏のようなお店で、店員はシェフとウェイトレスの男女2人だけ。端から端まで全てに目を届く距離感だ。少し暗めの橙の灯りの中で、テーブルの上に飾られた花も細やかでこだわりが見られた。


当然ながら、料理も全てに気が配られていた。まず、野菜のソムリエって大袈裟じゃんと正直疑っていたような僕に、野菜というのはこんなにも美味しいのか!と気づかせてくれた。30にもなって、味の濃い料理さえ食べていれば美味しいみたいな価値観の人間に、美味しい野菜とは何かを教えてくれた。美味しい野菜はみずみずしく、歯ごたえがよくて独特の爽やかな甘みがある。

f:id:mtakano:20160105013352j:image

そして、その素材の良さを調理によってさらに掛け合わせてレベルアップさせてくれる。口に運ぶほど、身体中に新鮮さが行き渡る感覚があった。そして野菜が主役ながらも、パンからコーヒー、肉や魚まで、全てにこだわりがあった。


帰る時にはシェフが外まで見送ってくれた。実は「野菜のソムリエがいるレストランなんて最近流行りのエコやらロハスに飛びついた店だろ」なんて内心で馬鹿にしていたことを心の中で謝りながら帰った。


それから何回か、奥さんや友人をもてなす時に連れて行ったりした。


僕は牛丼でもカップラーメンでも全然満足して食べられる。でもこういった職人が修行の成果として魂を込めて作った料理を食べると、美味しいだけでなく身が引き締まる。行こうとしたら、シェフが料理の修行に出掛けてしばらく閉店していたなんてこともあった。


大切な人たちが、美味しい料理を食べて笑顔を見せてくれた瞬間というのは強く記憶に残っている。このようなお店は高いけれど、思い出を買うには安いものだ。もう数年間訪問していないので、その味も見た目もぼんやりとした記憶になってしまったが、みんなが喜んでくれた感覚は覚えている。


今は下北沢も離れ、子供も生まれたので、再訪はなかなか叶わない。これだけ時が経てば、僕が記憶する姿とは違ったものになっているかもしれない。でもいつかまた行きたいと、ずっと思っている。


r.gnavi.co.jp

 

「行ってみたいお店・レストラン」by みんなのごはん
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/gnavi201512