読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがなにもない

プライベートな日記です

サマーソニック2015に行ってきた

サマーソニック2015に行ってきた。東京の1日目。ちゃんと数えたことはないけど、7,8回目くらいか。

昔は毎年行っていたが、最近は1年ごとくらいになった。ロックっぽいアクトが減ってきたことが大きいし、そもそも自分が見たいアーティストが昔から活動している人たちばかりになってしまった。これが世代か。
でもやっぱり行くと楽しい。
f:id:mtakano:20150816155528j:image

今年はベビーカーを持った幼児連れのお客さんが多かった。過ごし方次第で、子供と来ても快適なフェスだったと思う。
自分の中ではサマソニは仕切りが悪いフェスというイメージだったが、ここ最近年を追うごとに快適になってきた。

とにかく仕切りが悪いといえば初年度の富士急でやったサマソニで、クリエイティブマン初めての大型フェスとはいえ、とにかくひどいものだった。

ジェームズブラウンが、投げつけられたペットボトルにブチ切れて演奏を止めたり、持ち時間を無視して延々と演奏して、トリのジョンスペンサーエクスプロージョンの持ち時間が30分くらいに縮まったりした。ジョンスペは演奏中に打ち上げ花火が上がり強制終了させられたが、「JBの後に演奏できるなんて光栄だ」と言ってキッチリ締めて帰っていって最高だった。
退場の誘導がまたひどくて、ものすごく狭いゲートから退場させられて大行列になったが、どの列を優先して帰らせるかがグダグダで、最終的にゲートを飛び越えて帰っていく人が多数だった。というのも相当押して最終電車に間に合わなくなりそうだったので、そうする人がいてもやむを得ない。僕たちも全力で走ってギリギリ最終電車に乗れたが、まだたくさんの人が残っていた。時々、みんなあれから富士急ハイランドなんかでどうしたのだろうと思う。
あと、痴漢に間違われた一般人がスタッフにボコボコにされたという噂もあった。それも信じられるくらいあの時のスタッフの対応はひどかった。

他の年でも、アクトに対してステージのキャパシティが明らかに狭く、入場規制になったことも頻繁だ。入場規制がかかるならまだしも、規制をかけるのが遅すぎてあまりにギュウギュウ詰めになり、結局演奏を開始するには危険すぎて、そのアーティストの出演自体が見送りになる、そんな事態にも何度か出くわした。

というわけで、フジロックロックインジャパンのような別世界の自然の中のフェスではなく、都市型フェスだから仕切りが悪いのもしょうがないのだとよくわからない理由で納得していた。

でもここまで快適になったのは、色んなトラブルを乗り越えてきた主催者側の絶え間ない努力と経験はもちろん、観客がフェスやイベント慣れしてきたり、ロックインジャパンの層が子供を連れてサマソニに来るようになったり、都市であれば子供を連れて出かけるのが受け入れられつつあることだったり、様々な要因があるのだろう。

僕もいつか子供を連れて来てみたい。暑い時はメッセの中で過ごしつつ、夕暮れ時には海辺のガーデンステージでゆったり音楽を聞きながら子供と過ごしたら最高だ。まあそうすると時間的にトリのアクトを見られないので、むしろトリが好みの場合だと悩ましいけど…。
f:id:mtakano:20150816155459j:image
でもマリリンマンソンの時、小さな子供がいたのにはビビった。時間は遅いし爆音だし、何よりもAre you big fun of drugs?big cocks?なんて言ってたマリリンマンソンだぞ。