読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがなにもない

プライベートな日記です

電車の中で娘が抱っこ紐ごしに隣の人をガン見する

娘も産まれてから7ヶ月が経った、早いものだ。
ベビーカーに乗せると、ベビーカーが止まった時に泣き出すことがあるために、最近は抱っこ紐でお出かけをする。よく電車にも乗る。

電車で運良く座れると、娘が隣の人をガン見し始める。隣の人も「何か視線を感じるぞ、失礼な奴がいるものだ」と横を向くとうちの娘がガン見している。
みなさんありがたいことに微笑んでくれることが多いけれど、それなのにうちの娘はひたすらガン見するだけで微笑み返すことがない。申し訳ない。

それから、だいたいみんなスマホを見たり本を読んだりと元々やっていたことに戻るんだけど、視線を気まずく感じている様子がある。

ずっとニコニコとしてくれたり、話しかけてくれる人もいたり、人それぞれなんだけど、少なくとも子供が生まれる前の僕だったら、とりあえず一度笑いかけてみるものの、視線を気まずく感じながらスマホ見てるだろうなあと思うと、申し訳なくなってくる。
かと言って、親に「申し訳ありません」とか言われたら、「いえいえこちらこそなんだか申し訳ありません」とか恐縮してしまっただろうなあと思う。
「ありがとうございました」とか言われたら、「いやちょっと笑っただけでして、あとはスマホなんぞ見ていて申し訳ありません。こんなスマホ今すぐに捨てますね」とかこれはこれで恐縮してしまっただろうなあと思う。自分が逆の立場だと、声を掛けられたら掛けられたで気まずくなりそうだ。

じゃあガン見するだけガン見してしまった隣の人を放っておいてそのまま電車を降りたりするのも無礼だと思うと、どうしていいかわからなくなる。

そういうわけで、先に電車を降りるときは、隣の人が気付くか気付かないくらいの微妙な会釈をしてそそくさと立ち去る。心の中で「こいつはお茶を濁して立ち去る気分に似てるぜ!」とか思ってる。しかし適した対応がわからない。

そういえば最近、娘は後ろにぐーんと反ることを覚えてしまったので、隣の人どころか目の前に立つ人もガン見するようになった。それで、前と左右の人々に微妙な会釈をしながら電車を降りる日々。