読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがなにもない

プライベートな日記です

ストーリーとしての競争戦略から その2

とても面白く、ためになる本でした。今年のマイベスト10には間違いなく入ります。

内容を忘れないために、メモ代わりに目次を書いておきます。

 

第1章 戦略は「ストーリー」

- 論理と実践

-「無意味」と「嘘」の間 

-戦略の論理化

-戦略とは何か

-「セオリーG」

-「ストーリー」とは何か

-戦略の「流れ」と「動き」

-「ストーリー」とは何ではないのか

 1.「アクションリスト」ではない

 2.「法則」ではない

 3.「テンプレート」ではない

 4.「ベストプラクティス」ではない

 5.「シミュレーション」ではない

 6.「ゲーム」ではない

-「ビジネスモデル」と「ストーリー」

-「短い話」を長くする

-数字よりも筋

-日本企業こそストーリーを

-戦略づくりの面白さ

第2章 競争戦略の基本論理

-競争戦略と全社戦略

-勝ち負けの基準

-市場を向いた経営?

-事業家と投資家の違い

-業界の競争構造

-ハワイか北極か

-戦略でないもの

-バズワードの功罪

-「違い」をつくる

-「違い」には「違い」がある

-ポジショニング --シェフのレシピ

-ポーターの競争戦略論

-トレードオフ

-組織能力 --厨房の中

-セブンイレブンの「仮説検証型発注」

-なぜ、まねできないのか

-トヨタの製品開発能力

-回避か対抗か

-SPとOCの位置関係

-SP-OCマトリックス

-SPとOCのミックス --時間軸を入れて考える

-SPとOCのテンション

-フォードとマツダ

-日本企業のOCバイアスと復活パターン

-競争優位の源泉

第3章 静止画と動画

-「三枚のお札」

-ストーリーは「四枚目のお札」

-シュートの軸足を決める --ストーリーの競争優位

-パスを出す --ストーリーの構成要素

-パスをつなげる --ストーリーの一貫性

 1.ストーリーの強さ

 2.ストーリーの太さ

 3.ストーリーの長さ

-筋の良さ

-戦略ストーリーの古典的名作 --サウスウエスト航空の事例

-ストーリー化 --戦略構築のプロセス

-交互効果

-競争優位の神髄

第4章 始まりはコンセプト

-起承転結の「起」

-本当のところ、誰に何を売っているのか

-「どのように」よりも、「誰に、何を」

-「明日来る」の価値

-デパートとコンビニ

-Eコマースは「自動販売機」?

-すべてはコンセプトから

-扇の要

-誰に嫌われるか

-人間の本性を見つめる

-人間の本性は変わらない

第5章 「キラーパス」を組み込む

-起承転結の「転」

-スターバックスのストーリー

 1.店舗の雰囲気

 2.出店と立地

 3.オペレーション形態

 4.スタッフ

 5.メニュー

-一貫性の基盤

-一見して非合理 --持続的な競争的優位の源泉

-賢者の盲点を衝く

-キラーパス・コレクション

 1.マブチモーター

 2.デル

 3.サウスウエスト航空

 4.アマゾン

 5.アスクル

-「先見の明」ではない

-競争優位の階層

-持続的競争優位の正体

-地方都市のコギャル

-模倣それ自体が差異を増幅する

-キラーパスの忌避と交互効果の不全

-構成要素の過剰

-究極の競争優位

第6章 戦略ストーリーをどく会する

-事例 --2004年のガリバーインターナショナル

 1.日本の中古車業界

 2.「買取専門」

 3.本部一括査定

 4.出店とプロモーション

 5.ドルフィンネットシステム

 6.競合他社

-戦略ストーリーの読解

 1.競争優位とコンセプト

 2.従来の中古車業界のストーリー

 3.「後出しジャンケン」

 4.二つの「顧客」

 5.ストーリーの一貫性

 6.合理性では先行できない

 7.一括査定の「非合理」

 8.なぜ「素人」なのか

 9.読解のまとめ

-読解からの教訓

 1.成長戦略は「内向き」に

 2.キラーパスを出す勇気

 3.「なぜ」を突き詰める

第7章 戦略ストーリーの「骨法十ヶ条」

-骨法その一 エンディングから考える

-骨法その二 「普通の人々」の本性を直視する

-骨法その三 悲観主義で論理を詰める

-骨法その四 物事が起こる順序にこだわる

-骨法その五 過去から未来を構想する

-骨法その六 失敗を避けようとしない

-骨法その七 「賢者の盲点」を衝く

-骨法その八 競合他社に対してオープンに構える

-骨法その九 抽象化で本質をつかむ

-骨法その十 思わず人に話したくなる話をする

-一番大切なこと

 

500ページあるから、目次だけでこれだけの量。内容はぎゅうぎゅう詰めで読むのに時間がかかったけど、本当に良い読書をした!